定期清掃の特徴とメリットです

ビルの清掃は、清掃業者が行っています。この清掃業者が行っている清掃には、2種類あります。それは、日常清掃と定期清掃です。日常清掃とは、その名の通り通常行われる日々の清掃です。通常の清掃なので、清掃業者を雇わないビルの中のオフィスなどもあり、その場合にはオフィスのスタッフが行っています。それに対して、定期清掃は日頃の清掃では落しきれない汚れを除去します。日常清掃で落ちない箇所を集中して清掃を行います。清掃のスタッフも、床清掃一つとっても床の材質によって違った清掃が出来るような専門のスタッフが行います。清掃で使う道具もプロ仕様の道具で行いますので、掃除の仕上がりも清掃前と清掃後はみちがえるほど違って来ます。汚れの具合により掃除のペースは違いますが、多くのビルで月に1回や年に1回などのペースで行われています。

ホテルやビルの定期清掃の時間帯は

大きなホテルやビルは高層階からのいい眺めをウリにしていることが多いですが、そのためには窓ガラスをキレイにする必要があります。けれど、地上何十階といった高さになると、安全面からはめ込み式で開かない窓になっています。汚れるのは主に風雨が当たる外側ですので、ビルの入居者やホテル従業員が清掃できるはずもありません。そこで、専門の清掃業者に定期清掃に入ってもらうわけですが、高層ビルの窓ともなれば宿泊客や入居者の視界に入って邪魔になるという理由から、夜間にというわけにはいきません。安全性の確保のため、昼間に行う必要があります。ただ、今や高所の清掃作業は一種のパフォーマンスと捉えられている所がありますので、高層ビルの定期清掃はむしろ公にして、見てもらうくらいの気持ちで取り組むと意外と理解が得られるのではないでしょうか。

近所にある、定期清掃会社

家の近所に、定期清掃の会社があります。設立40年ほどの、地元では有名な会社です。主に、ビルやマンション、依頼されたお店などの清掃をしています。従業員がとても多く、高校生のアルバイトから、主婦のパートさん、定年退職後の仕事としている人もいます。その他に、営業や事務、受付担当の人もいて、とにかく従業員が大勢います。現場のスタッフは、基本的に直行直帰だそうです。システム的には、仕事を始める際の面接が終了し、採用が決まるのと同時に、勤務場所も決定されます。制服などを受け取り、仕事がスタートすると、契約の終了や、特に大きな問題がない限り、現場は変わりません。時々、採用された人数の関係などで、現場が変わる場合もありますが、基本的には同じ現場が続くので、仕事に慣れるのも早いことが多いようです。そして、長年勤めている方も、多くいらっしゃいます。